さぽろぐ

  写真・芸術  |  その他北海道

ログインヘルプ


アクセスカウンタ
プロフィール
タンチョウ大好き
タンチョウ大好き
北海道道東に埼玉から移住して19年。 
日々の暮らしの様々な出会いを楽しむ。
ライフワークはタンチョウ撮影。

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
QRコード
QRCODE

2007年02月23日

調査

先月に実施されたタンチョウ生息調査結果が発表された。



保護されているタンチョウも含めて、1013羽
去年より若干少ない数字だが、この暖冬の影響で、
調査日に、目に付かない場所に散らばっている
タンチョウもかなりいたのだろう。

ともかく、去年に続いて1000羽を越えているのは確認された。

ただ、生息数が増えているのは良いのだが、その生息環境は
タンチョウにとって厳しくなっている。
湿原は、まわりの開発などで範囲が限られるし、
人里近くでは、電線などの危険がいっぱい。

このところは、数を増やしながら、その生息地も広がっているようだ。
人為的に、広げようという計画もあるそうだが、タンチョウ自らが、
適した環境を探して移動できれば、一番良いのだが。  
Posted by タンチョウ大好き at 19:45Comments(4)

2007年02月23日

調査

先月に実施されたタンチョウ生息調査結果が発表された。



保護されているタンチョウも含めて、1013羽
去年より若干少ない数字だが、この暖冬の影響で、
調査日に、目に付かない場所に散らばっている
タンチョウもかなりいたのだろう。

ともかく、去年に続いて1000羽を越えているのは確認された。

ただ、生息数が増えているのは良いのだが、その生息環境は
タンチョウにとって厳しくなっている。
湿原は、まわりの開発などで範囲が限られるし、
人里近くでは、電線などの危険がいっぱい。

このところは、数を増やしながら、その生息地も広がっているようだ。
人為的に、広げようという計画もあるそうだが、タンチョウ自らが、
適した環境を探して移動できれば、一番良いのだが。  
Posted by タンチョウ大好き at 19:45Comments(4)