さぽろぐ

  写真・芸術  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


アクセスカウンタ
プロフィール
タンチョウ大好き
タンチョウ大好き
北海道道東に埼玉から移住して16年。 
日々の暮らしの様々な出会いを楽しむ。
ライフワークはタンチョウ撮影。





湿原の神 タンチョウ 写真ギャラリー

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
QRコード
QRCODE

2013年08月24日

野菜

今日の最高気温 23.8℃(12:06)
今日の最低気温 17.0℃(18:00)(18時現在)

「ヤーコン」の原産地は南米アンデス高地原産のキク科の多年草。

標高900~3300m地帯で、少なくともインカ帝国の時代から
栽培されていた歴史のある植物。

1982年、ニュージーランドから、ペルー産の系統が
日本の農業研究機関に紹介されたという新顔の野菜

ペルーを中心にアンデスの高原地帯で、古くから食用にされてきた
キク科の多年生の草本(ヒマワリやダイヤ、キクイモの近縁)で、
サツマイモのような形をしている。

他の野菜に比べフラクトオリゴ糖やポリフェノールを極端に多く含む
機能性の高いヘルシーな野菜と言われている。

ヤーコンの葉には血糖値上昇抑制作用があり、
「ヤーコン茶」として利用。

ここ数年、我が家の菜園の片隅で少し栽培している。



この時期は、葉を収穫し天日で乾燥させ、手で揉んで細かくしてお茶にする。




  
Posted by タンチョウ大好き at 19:13Comments(0)